腰痛・ぎっくり腰

腰痛は腰が悪いという思い込み

一般的な腰痛の治療や処置方法

 
腰痛は国民病ともいわれ、日本人の8割が腰痛を感じたことがあるともいわれています。
一般的には痛みに対して湿布や痛い止めでごまかしたり、
マッサージやもみほぐしで腰の筋肉を柔らかくしましょうという処置方法が行われています。
 しかし腰痛が治ったという話は聞く事がありません。今あげたような処置方法は「対症療法」に分類されるもので、腰痛の原因を治す原因療法ではないのです。
だから一時的には楽に感じるかもしれませんが、あっという間に痛みは戻ってきます。
結論からお伝えしますが、腰痛の原因は腰にありません。
なので腰に治療をしている間は治りません。
 

理由は腰痛時の姿勢

 
なぜ腰痛の原因が腰に無いかと言うと、腰痛時の姿勢に答えがあります。
想像してみて下さい。腰に痛みを感じる時に人間がどういった姿勢を取るかというと、必ず「前かがみ姿勢」になっています。
もし仮に腰の筋肉が痛んでいるなどの原因があったとしましょう。
この前かがみの姿勢は、腰の筋肉が伸びて引っ張られる方向なのです。
筋肉を伸びる方向に力を加えたら余計痛いはずですよね。逆に背筋を伸ばしている方が、腰の筋肉は伸びずに済むので痛くないはずです。
でもなぜか腰痛の場合は前傾姿勢になります。おかしいと思いませんか?
腰が悪いのに、わざわざ腰に負担がかかる姿勢を取るのはおかしいですよね。
 

一度原因が腰にあるのかどうか疑う必要がある

 
だからこそ本当に腰痛の原因が腰にあるのか考えてみる必要があります。
そして本当の原因を何とかしない限り、一生付き合っていかなければならなくなります。それは歓迎できないと思います。
また結論から言いますと、腰痛は腰を触る必要がありません。
これには明確な理由があります。
もともと腰の構造はそんなに動くように設計されていません。
「動く関節」ではなく、「安定の関節」として設計されています。
動く関節がぶつけもしないのに痛みを感じる時点で体におおきな問題が生じている証拠です。
湿布や痛み止めやマッサージなどでごまかす方法もありますが、将来的に大きな問題に発展します。
 

将来的な危険性

 
今はただ腰が痛いだけかもしれません。
ただ腰痛を放置したままだと将来的に大きな問題を抱える事になります。
日常生活もままならない体になるのは誰でも嫌だと思います。
しかり腰痛はそういった状態になりかねないのです。
具体的な例としては・・・
 
【腰椎椎間板ヘルニア】
背骨の間のクッションである椎間板がずれてしまい、足の神経を圧迫することで、
・あしのしびれ
・あしの力が入らない
・あしの感覚がおかしくなる
などの症状が起きます。
 
【脊柱管狭窄症】
背骨の中の神経の通り道(脊柱管)が狭くなってしまう状態です。
・長く歩くことが出来ない
・あしに力が入らない
・あしの感覚がおかしくなる
などの症状が起きます。
 
【腰椎圧迫骨折】
背骨の一部がつぶれてしまいます。一度潰れてしまうと元には戻りません。
・あしのしびれ
・激しい痛み
・歩けなくなる
などの症状が起きます。
 
これらの症状はほんの一部です。ですが多くはあしに支障が出て来ることが多いです。
あしが悪くなってしまうと人生の活動すべてに制限がかかりやりたい事が出来なくなってしまいます。
そうなる前に姿勢を改善する事で腰痛を克服しましょう。
 
 

姿勢が悪く腰が痛い女性
筋肉が伸ばされ余計痛いはず

 

姿勢が良く健康な女性

本来この方が痛くない
ライン予約の案内
電話予約の案内